FCヴォルティーダ沖縄

公式HP

インタビュー ジュニアユース2年生 古堅壱真

インタビュージュニアユース2年生
古堅壱真(ふるげんいっしん)
羽地中学校
出身ジュニアチーム:羽地FC

クラブユース選手権、自分的にもチーム的にも良いプレーが多かったと思います。
空振りも多かったですが😅

今のチームメイトは、なんでも言い合える仲間って感じです。
色々な学校に友だちがたくさんいる、というのがいい。

今、サッカーを楽しめています。
迷った時もあったけど、、、U14クラブユース選手権、予選でのベストプレーは志耀のクロスからの晄清のゴール。
晄清は羽地中の同級生で小学生の頃からのチームメイトだし。
嬉しかった。
その時も自分の空振りがフェイントになったかな😁

自分は走りがストロングポイント。
スピードも持久力も。
その良さをチームで活かしたい。

後は声で雰囲気作りもできる。
決勝トーナメントでは、自分の声でチームを盛り上げたい。

夢はこのヴォルティーダの仲間と沖縄一になること!

親には感謝しきれないくらい感謝してます!
こんな楽しめる環境を作ってくれたコーチたちにも感謝!!

コーチより

壱真とサッカーができると楽しい。
コーチはもちろん、そう感じている仲間は多いはず。

クラブでサッカーを続けることに迷いがあった時期もあったけど、ヴォルティーダでサッカーを続けてくれてありがとう。
そもそもヴォルティーダを選んでくれてありがとう。

自身が言うように、壱真の『走力』は武器だね。
スピードも持久力も秀でている。
気持ち良く走る壱真の姿は、見ている者をワクワクさせる。
サッカーの原点を感じます。

コーチや仲間にいじられることも多いけど、それもすばらしい才能。
笑顔で受け入れる壱真の姿に心の器の大きさを感じる。
これからもヴォルティーダの雰囲気作りの大きな役割を担うはず。
よろしく頼むよ!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE