FCヴォルティーダ沖縄

公式HP

【 審判 】西村雄一氏講演会・中体連新人戦

西村雄一氏の講演会に行ってきました。

ヴォルティーダのコーチからは4名参加。

一流のオーラに感化され、モチベーションが上がりました。

ビックマッチの裏側、世界のスター選手のエピソード。

西村氏の考え方や準備の仕方など、審判のみならず、指導者や人生のヒントになるような講演でした。

判定に対して選手を納得させるには『話術より誠意ある対応』という言葉に深く共感。

日中はジュニアの『おきぎんJカップ県大会』の決勝の笛を吹いたそうで。

ワールドカップレフリーの登場。

あまりのサプライズに会場はざわついたようです。

おまけの話で、次の日の中体連県大会の運営。

昨日の余韻もあり、大会本部で試合を眺めながら「この場合はどう判断するか西村氏に聞いてみたい」というつぶやきがちらほら。

そして大会中の一コマ。

あるチームがPK戦の途中で(アクシデントがあったわけではなく)GKの変更を希望。

審判も困惑。

大会本部がザワつきました。

今まで見たことがないシーンだったからです。

ただ、問題はないようです。

ルールの理解、大切です。

勝敗を分けるきっかけになりかねないですから。

引用:golaco

『福岡県高校サッカー新人大会で見られたちょっと珍しいPKの戦術』

https://www.golaco.club/articles/6333

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE